外壁の外側にかびなどがでると見栄えがまずいことはもちろん、壁が傷ついていると判断していいです。カビ汚れは湿度の高い部分につきやすく、防カビ剤の効き目が弱い塗装材を利用しているケースでは早期にできてきます。家を建てるときには、費用をカットするために塗料の品質を下げるということも多々あり、その時には壁の老朽化も早いです。もっと劣化するとひびなどもおきて、泉大津市でも修繕料金が高くなりますので、早めに塗り替えをする事がポイントです。

家の壁の形は、モルタルの壁、サイディングが泉大津市でも多数で、その他にはトタンなどがあります。モルタルの壁はセメントと砂等を混ぜ合わせたモルタル材を左官職人が壁に塗って、その上に塗料を塗って仕上げるというようなやり方で、サイディングボードが現れる前は日本家屋の大部分をしめていました。最近の主流はサイディングを用いた壁ですが、さきに工場などで生産されたサイディングボードと呼ばれる外壁材を貼りこんでいく形で施工します。両方の壁も一定期間での外壁の塗り替えが不可欠であるという点では違いはないです。