建物の外壁が色あせてきたら、壁の塗装の時期になったと判断していいです。見かけが変わってきているという事は塗膜の表面が太陽光などの影響で樹脂を破壊されてきているという事になります。一部分だけ塗料が剥落してしまっているケースも同様です。もっと劣化が進むと、外壁を指で接した時に塗料が手につきます。このことを塗料の白亜化と言い、瀬戸内市でもこのような感じになったら壁の塗り替えの時機と思っていいです。

外壁部分に起こるトラブルとしては、ひびやカビなどが考えられます。ひびは建物の歪み等が起因して生じますが、大概の場合では修復は可能です。かびというのは日陰のところに生じやすく、塗装の防カビ剤の効き目が弱かったりしたときに起きます。緊急にどうにかする問題ではないのですが見た目も悪いですし、その状態のまま何もせずにいると傷んでしまいますので壁塗装を行う事も選択肢です。塗装材が剥落するといった事は瀬戸内市でも珍しいですが、ほとんどのケースは塗装時の間違いです。