壁の種類としては、モルタルの壁やサイディングというのが東蒲原郡阿賀町でも多数で、それら以外にはトタンや板ばり等になります。モルタル外壁はセメントと砂などを練ったモルタル材を左官屋がつけて、そこに塗装をして施工するというような工法で、サイディングがでてくるまでは多数をしめていました。このごろの大部分はサイディングを利用した外壁となり、前もって工場等で作り出されたサイディングボードと言われる壁材を貼るように施工するものです。二つとも何年かおきの外壁の塗り替えは不可欠であるという点では同様になります。

塗り替えを施す時に気をつけておきたいのが壁色のチョイスです。あらかじめ塗装材の色サンプルによって選ぶのですが、実際に完成するとイメージとちがうものに出来上がってしまったというようなことが東蒲原郡阿賀町でも多くなっています。どうしても小型のサンプルの色の雰囲気と壁全部に塗られたものでは印象はちがってくることも多いです。周囲の住居の色彩とのバランスを意識することも大事になります。一般的には、鮮烈な色彩だと年月が経つにつれて色の衰えが目立ちますので、落ち着いた色彩にすると失敗が少ないです。