外壁の分類では、モルタルの壁やサイディング材が小牧市でも通常で、ほかにはトタンなどとなっています。モルタル外壁は砂とセメントなどを練り混ぜて作ったモルタル材を左官屋が壁につけて、さらに塗装をして作るというやり方で、サイディング材がでてくる以前は日本の家屋の主流でした。現在のほとんどはサイディング材を用いた壁で、さきに工場などで作り出されたサイディングボードという外壁材を貼っていく形で作り上げていきます。二タイプとも定期的な壁の塗装は必須であるということでは同じです。

見積もりのときに確認しておく箇所として下地処理をするケレン作業が考えられます。古い塗装の塗膜を取って外壁のコンディションを整える施工で、これを飛ばすと、新規の塗装材がしっかり塗れなかったり、早い段階ではがれ落ちたりすることも多いです。小牧市でも、下地調整のケレン作業というのは手間と時間がかかるため、中には、これを省略するところも存在するので注意しましょう。作業工期が極端に少なかったり、代金がとても安上がりなときは、下地調整をするケレン作業を行うかをチェックしてみてください。記述がないときは質問するのがよいです。