壁の塗装作業の見積もりをやってもらう場合は、個々の会社にやってもらう形ではなく、携帯電話とネットからできるいくつかの会社から一度に見積りをくれるサービスを使用するのが旗の台でも定番になりつつあります。業者ごとに頼むと相手側は専任のスタッフですし、その他の会社にも見積もりをお願いしたくても決めさせられてしまうケースもあり、ほかの業者とくらべないと見積りが正しい料金なのかどうかもわからないです。飛び込み営業の多い業界だけあって、業者側も話をまとめようと全力ですし、こっちがペースをとることは難しいです。複数会社からまとめて作業見積もりを受け取れるサイトであれば、別の業者との合い見積もりになる事を把握していますから、面倒くさい交渉をしないで、最初から安い額の見積もり価格が提示されます。

外壁の塗装の見積りを受け取った際に見ておく項目としては、重ね塗りの工程が考えられます。旗の台でも基本的に重ね塗りの回数は上塗り、中塗り、下塗りの3回施します。紫外線があたる南西等、痛みが大きい壁は四回になる事もありますし、いたみが少ない場所は2回となることもあります。重ね塗りを何回やるかによってつかう塗装材の量も費用もちがってきますのでしっかりと確認しておきましょう。見積もりでは、これらを何回施すかに気をつけ、書かれていないときは聞くようにしてください。曖昧な答えを返してくるようなところは別の業者にした方が安全です。