塗り替えについてのビラに10年保障付きというように記載してある業者も笠間市では多くなっています。十年間保障ならば充分だと思う人も大勢いますが、注意しておきたいのはその内容になります。ほとんどの場合は保障が認められるのは外壁のところだけで外壁から塗装がはがれ落ちた時だけ保証の対象となります。しかしながら、外壁から塗装材が剥がれてしまうことはあまりありませんし、壁よりも落ちてしまいやすい鉄部等の部分は十年保障の対象にはされず、長くても3年前後というような保障の内容の場合がたいていのようです。

家の外壁部分が色あせてきたら、壁の塗装の時期になったと思って大丈夫です。外観が異なっているのは、塗膜が日差し等により顔料を破壊されているということです。部分的に塗装が剥落してきている場合も同じになります。もっと傷つくと壁部分を手でさわった際に塗装が手に付着してきます。これらを白亜化と称し、笠間市でもこうなったら塗り替えのタイミングと判断してください。