壁に汚れが目立つようになったら塗り替えのタイミングだと判断していいです。見た目が衰えてきているのは塗料の表層が紫外線などで樹脂層を分解されてきているということになります。塗膜が取れてしまってきている場合も同じになります。もっと傷ついていくと外壁部分を指で触れた際に塗料が手に付着してきます。これらを塗料の白亜化と称し、広尾でもこうなったら壁の塗装の時機と判断してください。

塗り替えについての見積もり書がでたときにチェックしておく観点として、重ね塗りの作業か挙げられます。広尾でも基本的に重ね塗りの回数は上塗りと中塗りと下塗りの3回施します。ただ、日光があたる側など、いたみが激しい所は4回行う事もある一方、いたみが少ない所については二回となることもあります。重ね塗りの回数で塗装材の費用もちがってきますのできちんと見ておきましょう。見積もり書については、重ね塗りを何回行うかを確認し、省かれている場合は伺ってみるのがよいです。あやふやな答えを返してくるような業者は別の所にした方が賢いです。