外壁と同じく屋根のメンテナンスについても大切になります。屋根は外壁とくらべても風雨を受けるのでいたみやすい所なのですが、めったなことでは見えない部位ですし、劣化を気にしている人も奄美市では多くないです。老朽化が進むと建物の中に水が入りカビ等が起きることもあるため、何年かおきのケアが不可欠になります。サイクルはというと外壁と同様に7年くらいから十年程度を目途に屋根の塗り替えをしていくのが多いですが、瓦ぶきの場合は塗り替えを施す必要はないです。

外壁の塗り替え会社は直接営業をしてくるというイメージが奄美市でも一般的です。ポスティングちらしを配ることもあるのですが、外壁の塗装をさせてもらいますよといきなり訪ねてくる場合も増えています。どういう理由で直接営業をするのかというと、その理由は外壁部分が外から丸見えだからです。業者の営業は住宅地を歩いて、戸別に外壁をチェックしていって、壁部分が老朽化している家を見つけたら営業をかけているというわけです。順番に回って営業してくるというわけではなく、壁の塗装をするべきところを見つけておとずれるのですが、なかには、うんざりする直接営業をするところもあるので注意しましょう。