外壁の塗り替えについての広告ビラには十年間長期保証しますと書かれているところも赤穂郡上郡町では少なくないようです。十年保障なら大丈夫だと感じる人も多いですが、気をつけたいのが保証の意味です。たいていの場合は保証が認められるのは外壁のところだけで壁から塗料が剥がれ落ちてしまった時のみ保障が効きます。そうは言っても、壁から塗装が剥がれるというような事はそうそうありませんし、壁と比較してはがれやすい木部やトタンなどというようなところは十年間保障と認められず、せめても2,3年程度といった保障の中身になっている場合が多いようです。

壁の塗り替えの見積り書が出された際に見ておく項目として重ね塗りの工程か挙げられます。赤穂郡上郡町でも通常重ね塗りの回数は3回実施します。太陽光をうける南西の方角等、劣化が激しい部分については四回やる事もある一方、日射が当たらない部分については二回となることも考えられます。重ね塗りを何回するかによって塗装材の量も代金も違ってきますのできっちり注視しておきましょう。見積り書では、これらを何回やるかに気をつけ、書いていない時は聞くのがよいです。曖昧な対応をしてくる会社は別の会社にした方が安心です。