外壁部分につやがなくなってきたら外壁の塗り替えのタイミングであると考えていいです。見た目が衰えてきているという事は塗装材の外側が風雨などで樹脂が離脱してしまっているということになります。塗装が剥脱してきている場合も同じです。もっと傷ついていくと壁を指でさわった際に塗料が手についてくるようになります。この現象を白亜化と称し、千葉市若葉区でもこの現象になったら塗り替えの時機と思われます。

外壁塗装のビラでは10年間長期保証しますとうたっている所も千葉市若葉区では多いと思います。10年間ならば大丈夫だといった方も多数いますが、注意したいのが保障の中身になります。たいていの場合は認められるのは壁部分だけで壁から塗装材がはがれ落ちたときだけ対象となります。しかし、壁から塗装材が剥がれるという事はそうめったにはありませんし、壁よりもとれてしまいやすい木部や鉄やトタンなどといった場所は十年保証の対象にはされず、せめても2,3年程度といった保証の内容になっている事が多くなっています。