外壁の分類では、モルタルの壁、サイディングというのが大阪市東淀川区でも普通で、その他には板張り等があります。モルタルというのは砂やセメント等を練り合わせたモルタルを左官職人が壁につけて、その上に塗装材を塗って完成させるというようなもので、サイディングボードが普及するまでは主流でした。現在の大部分はサイディング材を使った外壁になり、さきに工場等にて作り出されたサイディングと呼ばれる外壁材を貼る形で作り上げていきます。両方とも周期的な塗り替えは大切であるということでは同じになります。

大阪市東淀川区でも外壁の塗装は見た目をかっこよく保持するという意味以外にも、そもそもは住居を耐水して保全する事が目的です。壁は塗装の皮膜でおおうことで保持されているのですが、時間が経っていくうちに傷み、ヒビ割れが起きたりしてしまいます。そのような感じになってくると建物をガードすることがむずかしくなり、土台などの建築物の中まで傷つく可能性がでできます。壁の劣化が進んでから外壁の塗装をするのではどうしようもないですから、そのような状態をさけるために早めの壁の塗装は必要です。しかるべく手入れをする事によって住居も長くもちます。