見積りの時に確認しておく点としては下地処理のケレン作業が考えられます。元の塗装材を除去して外壁の状態を調整する工程で、これらを飛ばしてしまうと、新規の塗料がきっちりと効き目を出せなかったり、早めの年数で剥がれてしまったりしてしまいます。余部でも、下地処理をするケレン作業は時間が発生するため、これらの作業をやらないでおくところもあるようなので気をつける必要があります。作業工期がとても短期間だったり、料金がすごく安価だったりする際には、下地処理をするケレン作業をしているかを確認してください。書かれていない場合は質問するようにしましょう。

外壁の塗り替えについての広告ビラを見ると10年間長期保証ですというように明記してある所も余部では少なくないようです。10年間であれば安心だと感じる方も多いと思いますが、注意したいのは保証の意味です。多くのケースでは保障が効くのは外壁の所のみで、外壁から塗料がはがれ落ちた場合だけ保障が認められます。とはいえ、壁から塗装が剥がれ落ちるというような事はほとんどないですし、外壁よりはがれ落ちてしまいやすい木部やトタンなどというような所は十年保証と認められず、長くても二,三年程度という保証の中身のケースが大部分のようです。