壁の塗り替えを自身でやってみることができないかと考える人もいるようですが、あまり推奨はできません。技術を持っている人ならば、行えるかもしれませんが、外壁の色を塗り替えるだけなので自力でも可能だという位の理解ならば、業者に頼んだ方が無難です。壁の塗り替えには建築物を維持するといった大事な意味も含んでいます。下地処理をするケレン作業で元々の塗装材の塗膜を除いてから、重ね塗りしながら行っていくという作業というのは、どうやっても素人では歯が立たないです。井野でも塗装材の料金は高価ですし、美観も悪くなるリスクが高くなります。

外壁部分が色あせてきたら、塗り替えの時機になったと思ってください。色が違っているという事は塗装材の表面が太陽光等により顔料を壊されているということになります。塗膜が剥落しているときも同じです。さらに劣化が進むと外壁を手でさわった際に塗装材が付着するようになります。これをチョーキング現象と称し、井野でもこうなったら壁の塗装の時機と思われます。