マイホームの壁の塗り替えの時機は、建物ができてから、あるいは前回の塗り替えから、普通は伊達市でもだいたい十年位になります。環境等によって差はでますが、基準としてそれくらいです。なかには、建設時に安い塗装材 をつかっていたり、ハナから塗料自体を使用してないような場合もあって、そうした時にはたちまち外壁が老朽化してしまうというような事もあります。外壁の塗装というのはひびなどからガードする意味もありますので、周期的に行ってください。

塗り替えのちらしでは十年長期保証しますと記載している会社も伊達市ではよくあります。10年もあれば充分だと感じる人も多数いますが、気をつけておきたいのは保障の中身です。ほとんどのケースでは保証の対象となるのは壁の所のみで、外壁から塗料がとれてしまったときのみ対象となります。ただ、外壁から塗装材がはがれ落ちるといったことはそうめったにはないですし、外壁に比べたら落ちてしまいやすい木部やトタンなどの所は10年保障と認められず、長くて3年程度といった保障の中身になっている事が多いようです。