壁のように屋根の手入れも大切です。屋根は外壁と比べても日差しをうけますのでいたみやすい箇所なのですが、めったなことでは目にすることはない所ですし、傷みを危惧する人も西多摩郡瑞穂町では少数です。劣化が進むと、家の内側に雨水が入りカビ等が起きてくる時もあるので、周期的な手入れが大事になります。サイクルはというと外壁と同じように七年位から十年程度にて屋根の塗装をしていくというのが普通のやり方ですが、日本瓦の屋根は塗り替えをやる必要はありません。

外壁の塗り替え会社というのは直接営業が少なくないというような印象が西多摩郡瑞穂町でも持たれます。ポスティング広告ビラをいれてくることもあるのですが、外壁塗装をしましょうというように不意に訪ねてくるケースも多いです。なぜ直接営業が多いのでしょう。そのわけは建物の壁が道から見えてしまうからです。セールス担当者は道路を徘徊して、それぞれの建物の壁をチェックしていって、外壁部分がキズついている住まいを選んでたずねてくるのです。ところかまわず声をかけているのではなく、壁の塗装をすべき所を選んで営業してくるのですが、中には、迷惑な戸別営業を行うところもあるので気をつけてください。