外壁部分にコケなどが発生すると見栄えが汚い以外にも、外壁が劣化していると考えてください。苔は太陽光が当たらない所につきやすく、カビを予防する効力が弱い塗装材によって塗られているときは早い段階であらわれます。家を建築する時には、必要経費を削るため塗装の品質を低くするといった場合も多数あり、そうしたときには塗料もきずつきやすくなります。より傷ついていくと破損などもおきて、海部郡甚目寺町でも修復費用が高くなりますので、早めに外壁の塗装を施す事がポイントです。

壁の種類としてはモルタル外壁とサイディングが海部郡甚目寺町でも多数で、ほかにはトタン等となります。モルタルというのはセメントや砂石などをまぜ合わせたモルタルを職人が塗りつけて、塗料を塗って作り上げるというやり方で、サイディングが登場するまでは日本家屋の多くをしめていました。現在の大部分はサイディングをつかった外壁で、さきに作業場等で作成されたサイディングと言われる壁材を貼りこんでいく形で施工します。どちらも何年かおきの壁の塗り替え作業が大切である点では変わりはありません。