壁の塗り替え会社というのは戸別営業をしてくるといった感じが戸越銀座でも持たれています。広告ビラを入れてくることもありますが、外壁塗装をしてくださいというように急におとずれる場合も少なくないです。なぜ戸別営業が多いのでしょうか。その理由は外壁部分が外から見えるからです。営業担当者は町を彷徨い、それぞれの外壁部分を確認していって、壁部分が古くなっている住まいを探してセールスしてくるというわけです。ところかまわず営業してくるというわけではなく、塗り替えをすべきな家を選択してセールスしてくるのですが、場合によっては、執拗な飛び込み営業をしてくる会社もあるため注意してください。

塗り替えについての見積りが出た際に注視しておく観点として重ね塗りの作業が考えられます。戸越銀座でも一般的に重ね塗りの回数というのは下塗りと中塗り、上塗りの三回実施します。日射があたる南西など、いたみが激しいところについては4回になることもありますし、傷みが少ない場所は二回となる事も考えられます。重ね塗りを何回やるかによって塗装材の分量も代金もちがってきますのでしっかり確認しておきましょう。見積もり書では、これらを何回するかを確認し、書いていない際には質問するのがよいです。あいまいな対応をしてくる感じの所は別のところにした方が無難です。