壁部分が古ぼけてきたら、外壁の塗装のタイミングだと判断していいです。色が劣化してきているのは塗装材の表面が紫外線等により顔料を壊されてきているということです。塗装が取れてきているケースも同じになります。さらにいたむと、外壁部分をふれた際に塗料が手につくようになります。このことをチョーキングといい、町田市でもこうなったら外壁塗装の時期と思っていいです。

建物の外壁部分には、サイディングと呼ばれる外壁も町田市では頻繁に用いられます。サイディング材ならば手入れをしなくてもいいというイメージを持つ方も少なくありませんが、モルタルの場合と同じく壁の塗り替えは重要です。だいたい10年前後で塗り替えを施していけば、だいたい30年程度はつかえますが、塗装をしないと短い年数でクラックなどのトラブルによって利用できなくなってしまいます。サイディング材であっても表層は塗膜で守っているということは同様なのです。