家の外壁に起こるトラブルとしては、ひびとかカビ汚れ等があります。ひびというのは乾燥や構造のゆがみなどが原因で起きますが、ほとんどのケースで修復は可能です。かび汚れについては日影のところに生じやすく、塗装材のかびを防ぐ効き目が低かったりすると生じます。緊急になんとかする状態ではないですが表向きも汚いですし、その状態のままほったらかしておくと傷ついてしまいますので外壁の塗装をすることも選択肢です。塗装がとれるといったケースは備中高松でも珍しいですが、たいていの場合は塗装の際の間違いです。

マイホームの壁の塗装をしてもらう時期というのは、家を建ててから、あるいは以前の壁の塗り替えからの期間でいうと、通常は備中高松でもだいたい10年位になります。立地環境等によって差はでますが、平均してその程度になります。なかには、建設のときに質の低い塗料をつかっていたり、もとより塗料をつかってないような事もあり、そのときはたちまち壁が劣化し始めるということも少なくありません。壁の塗り替えというのはひびなどから守る意味をもちますので一定期間で行うようにしてください。