建築物というのはできた時点から劣化が始まっていますので、常にメンテナンスをしていく事が倉吉市でも重要です。とくに外壁というのは絶えず風雨を受けながら、じわじわと痛んでいきます。放置しておくと外壁にひびが入るなど、修繕工事をしなければならなくなります。外壁部分の劣化をガードするには周期的な外壁塗装が必須です。外壁の塗り替えというものは見栄えをキレイにしておくことにかぎらず、外壁部分を補強してひびなどを押さえるという効果も持ち、結果として修復料金等がいらなくなります。まだきれいだからしなくて良いというような事ではなく、家を維持するために必須なお手入れであると言えます。

外壁の塗装についての見積り書をもらったときに目を通す観点としては、重ね塗りの回数があります。倉吉市でも通常は重ね塗りは上塗り、中塗り、下塗りの3回施します。ただ、日光を受ける南西など、痛みが大きい壁については四回になる事もあり、太陽光が当たらないところは二回になる事もあります。重ね塗りの回数によって塗料の分量も金額も異なりますのでしっかりと注視しておきましょう。見積もりでは、これらを何回するかをチェックし、記述がない時は聞いてみるようにして下さい。適当な受け答えをしてくる感じの会社は、やめたほうが安全です。