塗り替えの広告では10年保障付きとうたっている所も堺市東区では多くなっています。10年間ならば満足だといった人もたくさんいますが、注意したいのが保障の中身です。ほとんどの場合は認められるのは壁部分のみで、壁から塗料が落ちてしまったときだけ保障が認められます。そうは言っても、壁から塗装材が剥がれ落ちるというようなケースはそうめったにはありませんし、外壁に比べたらはがれやすい木部等というような箇所は10年保証の対象とならず、長くて三年程度という保障の中身のことが多いようです。

建物の外壁部分が色あせてきたら、壁の塗装の時期であると考えていいです。外観が劣化してきているのは塗膜が日差しなどによって樹脂層が離脱してしまっているということです。部分的に塗装がはがれてしまっている場合も同じです。より傷ついていくと、壁部分を指で触ったときに塗料が付着してきます。この現象を白亜化と称し、堺市東区でもこの症状になったら外壁の塗装の時機と思われます。