見積りの際に確認する点として下地調整のケレン作業か挙げられます。これまでの塗装材の塗膜を取って外壁の下地の調整を行う施工で、この施工をしておかないと、新規の塗装材がきっちりと機能を果たせなかったり、短い年数で落ちてしまったりすることも多いです。横尾でも、下地処理を行うケレン作業というのは手間がいるので、中には、これを省略してしまう業者もあるようなので注意が必要です。作業期間がすごく迅速だったり、代金がかなり激安だったりするときは、この施工をするかを見ておきましょう。書いていない場合は質問するのがよいです。

塗り替えを施す際に気をつけておきたいのが色選びです。先に塗装の色見本によって決定する形になりますが、塗装してみると想像とちがう色に仕上がってしまったということが横尾でも少なくありません。色見本で見る色の感じと壁すべてに塗られた色とでは雰囲気は変わってきてしまうことも少なくありません。周りの建築物の色とのバランスをイメージすることも大事です。一般的には、ヴィヴィッドな色彩を選ぶと年月が経つにつれて劣化が目立ってきますので、落ち着いた色彩にすると失敗がありません。