茂原市でも壁の塗装は外観をきれいにするといった意味もあるのですが、そもそもは住居を覆って保護することが目的になります。壁の素地は塗装材にて覆うことにより保護されているのですが、時が経つにつれ老朽化して、ひび割れを起こしたりします。そうなると家を保護することができなくなり、下地などの家の造りまで影響する場合もあります。壁の下地がいたんでから塗り替えを施すということでは遅いですから、そのような状態をさけるために早い段階での塗り替えは欠かせません。正しくケアをしていく事により建築物の資産価値も保てます。

壁のように屋根のメンテについても重要です。屋根というのは外壁よりも日差しにさらされるので老朽化も早くなる所なのですが、めったに目に入らない箇所ですし、痛みに敏感な人も茂原市では多くはありません。老朽化が進むと内側に雨水が入り込んで腐敗等がおきるケースもあるので、何年かごとの手入れも必須です。時期としては壁のようにだいたい七年くらいより十年程度にて塗り替えをしていくのが原則ですが、瓦の場合は塗り替えを施す必要はありません。