建物の外壁の形は、モルタルの壁とサイディングというのが大和市でも一般的で、ほかだと板張り等があります。モルタルは、セメントや砂と水などを練ったモルタルを職人が壁に塗り、さらに塗装をして作り上げるといったもので、サイディング材が登場する以前はほとんどをしめていました。近年の大半はサイディング材をつかった外壁になり、あらかじめ加工場などで作られたサイディングと呼ばれる外壁材を貼り付ける形で施工していきます。いずれも一定期間での外壁の塗装作業が大切であることでは違いはありません。

壁の塗り替えを一人でやれないかと検討する人もいますが、難しいかもしれません。技術がある方ならば、できるかもしれませんが、外壁の色を塗る位なら自分のみでもOKだというくらいの理解ならば、触らない方が良いです。壁の塗り替えには建築物をガードするといった重大な効果もあります。ケレン作業にて以前の塗装材をのぞいて、重ね塗りをして仕上げていくというプロセスは、どうやっても本業でないと対応できないです。大和市でも塗装材費は発生してきますし、外見も低品質になるリスクが高くなります。