外壁塗装の見積り書が出されたときに確認しておく点としては重ね塗りの回数があります。代官山でも一般的には重ね塗りというのは下塗り、中塗り、上塗りの3回やります。日光があたる方向など、劣化が大きいところについては4回行う事もありますし、日差しが当たらない所については二回となることもあります。重ね塗りの回数で使う塗料の量も代金もちがってきますのでしっかり見ておきましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回行うかに気をつけ、省略されている際にはたずねてみるようにして下さい。あやふやな答えをしてくるところは、やめるようにしたほうが安全です。

外壁塗装業者というのは直接営業が少なくないというイメージが代官山でも持たれます。ちらしを配ってくるのみならず、壁の塗装をすべきですととつぜん営業してくることも増えています。どうして訪問営業が多いのでしょう。そのわけは建物の壁が丸見えだからです。セールス担当者は、街を歩いて、一つずつ家の壁部分を見ていき、外壁部分が老朽化している住居を見つけて訪ねてくるのです。無作為に声をかけているのではなく、外壁の塗り替えが必要な所を見つけて現れるのですが、時には、面倒な直接営業をするような悪徳業者もあるので気をつけてください。