南魚沼市でも塗り替えには外観を綺麗に保持するねらいに限らず、元々は家屋を覆って保全する事が役目です。壁というのは塗装の皮膜でつつむことにより守っているのですが、時の経過につれて傷み、ヒビ割れたりします。そうなってくると建造物をガードすることができなくなって、壁板などの建造物の構造にまで影響する可能性がでできます。壁の劣化が進んでから外壁塗装を行うのでは遅いので、そのような事態を避けるために早い段階での壁の塗装作業は必要です。きっちりメンテナンスをしていくことによって家の値打ちも高くなります。

建物の壁部分の色あせが目立ってきたら、外壁の塗り替えの時機が来ていると考えて大丈夫です。色が変わっているということは、塗料の表層が日光等で顔料を壊されてきているということです。塗装が落ちてきている場合も同じです。さらにいたむと、壁を触った時に塗料が付着するようになります。これらを塗料の白亜化と呼び、南魚沼市でもこうなったら外壁塗装の時期と思っていいです。