壁と同様に屋根のメンテナンスも不可欠になります。屋根というのは壁と比べても日差しの影響を受けますので老朽化も早くなる箇所ですが、普段は目に入らないところですし、いたみを気にする人も生駒郡三郷町ではわずかです。いたむと家の内側に水分がしみこみ腐食などを引き起こす事もありますため、周期的なメンテナンスが重要です。年数は壁と同じくだいたい七年位より10年程度を目途に屋根の塗装をやっていくというのが普通ですが、日本瓦の屋根は塗り替えはしなくてもOKです。

外壁部分にはサイディングボードと呼ばれる外壁材も生駒郡三郷町では頻繁に用います。サイディングボードならばケアをせずにOKだというようなイメージをいだく人も多いと思いますが、モルタル外壁と同じように壁の塗装は欠かせません。約十年程度で塗装を施していけば、だいたい30年位は使えますが、塗装をしないままでいると早期にクラックなどのトラブルで使えなくなります。サイディングボードだとしても表面は塗膜によって保持されていることに変わりはありません。