塗り替えを施す際に注意したいのが色の決定になります。事前に塗装のサンプルを見て決定する形になるのですが、塗装されると思っていたものと違うものにでき上がってしまったというような事が稲沢市でもありがちです。どうしても小さいサイズのサンプルの色の感じと壁一面に塗装されたものでは雰囲気は差が出ることも少なくありません。近所の家屋の色彩とのつりあいを意識してみることも重要になります。通常は、カラフルな色だと年数が経つと色あせが目立ちますので、上品な色彩を選択するとうまくいくことが多いです。

建物の壁の形態としてはモルタル、サイディングというのが稲沢市でも多く使われ、他にはトタンや板ばりなどになります。モルタルの壁は、砂やセメントなどをまぜたモルタル材を職人さんがつけて、さらに塗料を塗って仕上げるというもので、サイディングが現れる前は大部分をしめていました。現在のほとんどはサイディングボードの外壁ですが、前もって作業場等で生産されたサイディングという外壁材を貼り付けるように作っていきます。いずれの壁も一定期間での壁の塗装は必須である点では変わりはありません。