壁にはサイディングという外壁材も上野ではよくつかわれています。サイディングというのはケアをしなくていいというような印象を抱く方も多数いるようですが、モルタル外壁の場合のように塗り替えは不可欠です。だいたい十年くらいで塗り替えをすれば、およそ三十年くらいは使えますが、塗装をしないでいると早い年数でクラック等といった症状で使えなくなってしまいます。サイディング材でも表面は塗料によって保持されているという事に変わりはありません。

見積もりの際に目を通す項目として下地処理をするケレン作業か挙げられます。これまでの塗装を除去して外壁のコンディションの調整を行うもので、これを省くと新しい塗装材がきちっと塗れなかったり、早い年数で剥がれたりすることも多いです。上野でも、ケレン作業は手間が発生するので、これらの工程を省略して済ます所も存在するので気をつける必要があります。完成までのスケジュールがとても短期だったり、金額があまりに格安な際には、下地処理をするケレン作業のありなしを確認しましょう。省略されている場合は聞くようにしてください。