壁部分に苔等がでると外見がよくない以外にも、塗料の劣化が進んでいると判断していいです。コケは湿気の多い部分に生じやすく、かびを防止する効き目が弱い塗装を使用しているケースでは早い段階で発生してきます。家を建築する際には、支出をおさえるために塗料の品質を落とすといった事も珍しくなく、そういったときには塗装の劣化も早くなります。よりいたむとヒビ割れ等も生じて、厄神でも修理にかかる費用が高くなりますので、すぐにも塗り替えを行うことが大事です。

外壁の塗装会社というのは直接営業がやっかいだというイメージが厄神でも持たれています。ポスティングちらしを配るのはもちろん、外壁の塗り替えをさせてもらいますと突然セールスしてくることも少なくないです。何故飛び込み営業をしてくるのでしょうか。それは壁が道路から丸見えだからです。業者の営業は住宅街をさまよい、一つずつ建物の壁を調査していき、外壁が傷ついている所を見つけて営業をかけているのです。全ての家にあらわれるというわけではなく、外壁塗装をするべきところを選んであらわれるのですが、なかには、面倒な飛び込み営業を行う会社もあるため気をつけてください。