壁部分には、サイディングボードと呼ばれる人工の外壁材というのも多摩センターでは頻繁につかわれています。サイディングならばメンテナンスの心配がいらないという印象をもつ人も少なくないですが、モルタルのように外壁の塗り替えは不可欠です。約十年前後で塗り替えをしていけば、約30年位は使えますが、塗装をせずにいると短い年数でひび等といった問題によって使用できなくなってしまうこともあります。サイディングも表面は塗装の皮膜によって守っている事に違いはないです。

壁の塗り替えの見積り書が提示されたときに見ておく項目として重ね塗りの作業があります。多摩センターでも基本的に重ね塗りというのは三回やります。日射をうける方向など、傷みが多いところというのは四回行う事もある一方、傷みが少ない場所については2回になることもあります。重ね塗りを何回するかにより使う塗料の量も金額も変わりますのでしっかり気をつけましょう。見積りでは、重ね塗りを何回するかを見て、記載していない際には聞くようにして下さい。あやふやな受け答えをしてくるところは回避したほうが良いです。