家の外壁の型は、モルタル外壁とサイディング材が六番町でも一般的で、それら以外だとトタンや板ばりなどがあります。モルタル外壁は砂石とセメントなどをかき混ぜたモルタルを左官屋が壁に塗って、その上に塗料を塗って作り上げるという工法で、サイディング材があらわれる以前は日本の家の大部分をしめていました。この頃の主流はサイディングをつかった壁になり、先に加工場等にて作り出されたサイディングという外壁材を貼りこんでいく形で作っていきます。いずれも定期的な壁の塗り替え作業は必要であるという点では変わりません。

外壁の塗装をお願いする時期は、家が完成してから、もしくは以前の外壁の塗り替えから、基本的に六番町でも約10年程度になります。当然ながら、使用している塗装材等によって違いますが、目安としてその位になります。時には、建築の際に安価な塗料を利用していたり、塗装材 そのものを利用していないような事もあり、その時は早期に外壁部分が劣化するというようなことも少なくありません。壁の塗装はひび割れなどからガードするといった狙いもあるので、定期的に行うようにしましょう。