外壁の塗り替えについての見積もりを受け取ったときに見る項目として重ね塗りの作業があります。下北郡大間町でも一般的に重ね塗りの回数は上塗り、中塗り、下塗りの三回施します。ただ、日射があたる南西の方角等、劣化が大きい壁というのは四回作業することもある一方、劣化が少ない壁については二回になる事も考えられます。重ね塗りを何回するかにより使う塗料の量も代金も差が出てきますのできちんとチェックしておきましょう。見積り書では、重ね塗りを何回やるかに気をつけ、書かれていない際には訊ねてみるようにして下さい。曖昧な返答をしてくるようなところは、回避した方が良いです。

家の壁にツヤがなくなってきたら外壁塗装の時期だと考えられます。色が変化しているという事は塗膜の外層が太陽光等により樹脂を破壊されてしまっているということになります。塗装が剥脱してきている時も同様です。さらに劣化すると、壁を触ったときに塗料が手につきます。このことをチョーキング現象と呼び、下北郡大間町でもこうなったら塗り替えの時機と思ってください。