外壁部分が色あせてきたら、塗り替えの時期であると判断していいです。見かけがおとろえているということは、塗料の外層が日光等の影響で組織を破壊されてしまっているという事です。一部分だけ塗装がとれてきているケースも同様です。さらに老朽化が進むと、壁を手でふれた際に塗料が手に付着します。これらをチョーキングといい、京都市下京区でもこの現象になったら壁の塗装の時機とされます。

京都市下京区でも外壁の塗装は見かけをきれいに保持するといった目的だけでなく、元々は建物を覆ってガードするのが狙いです。外壁というのは塗装でおおうことで保護されているのですが、時間の経過とともに傷み、剥がれてしまったりします。そうなると建築物を保全することが困難になって、土台などの建造物の造りにまで傷つく可能性がでできます。外壁が老朽化してから塗装を行うということでは後の祭りですから、そうしたことを回避するためにも早期の塗り替えは必須です。しっかり整備を行っていくことによって建築物の寿命も長くなります。