壁と同じく屋根のメンテナンスについても大切です。屋根というのは壁よりも日光の影響を受けるので老朽化も早くなる部分なのですが、ほとんど目にしない所ですし、いたみを気にかけている方も鳩ケ谷市では少数です。傷んでいくと、家の内部に水が入ってきて腐食等が発生してくる場合もあるため、一定期間での手入れも大切になります。時期はというと壁と同じように約七年程度より十年位にて屋根の塗装をやっていくのが多いですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えはしなくてもOKです。

見積もりの時に目を通しておくポイントとしては下地調整をするケレン作業か挙げられます。これまでの塗装材の油膜を取って壁の下地の調整をほどこす施工で、この工程を省略してしまうと、新規の塗料がきっちり機能を果たせなかったり、早い段階で剥がれ落ちてしまったりすることも多いです。鳩ケ谷市でも、下地調整をするケレン作業というのは労力がかかるため、この作業を省く会社も存在するので注意しましょう。作業日程が極端に短期だったり、金額が極端に安価だったりする時は、下地処理をするケレン作業を施しているかをチェックしてみてください。記載していない際にはたずねてみるようにして下さい。