家の外壁におきる異常としては、クラックとかカビやコケなどがよくあります。ヒビはというと建物のズレ等が原因で発生しますが、多くのケースでは補修できます。かび汚れというのは日差しが当たらない所に発生しやすく、塗料のカビを防ぐ効果が弱かったりしたときに発生します。早急に対応するトラブルではないですが見かけも汚いですし、放っておくと傷み始めますので外壁の塗装を検討するのも選択肢です。塗装がはがれるという事は田主丸でも多くはないのですが、多くの場合は塗装時の間違いになります。

外壁に苔などが発生すると見かけがまずいだけにとどまらず、壁の素地が傷んできていると思ってください。苔は日光が当たらないところにでやすく、防カビ剤の効き目が弱い塗装材を利用しているケースでは早い年数で生じます。建物を建てる時には、必要経費をおさえるために塗料の品質を下げるというようなことも多数あり、その際には壁の素地も痛みやすくなります。もっと傷ついていくと、クラックなどもおきて、田主丸でも修理にかかる料金は高めになりますので、早い年数で外壁塗装を施す事が必要です。