壁部分には、サイディング材というボード状の壁というのも夷隅郡大多喜町では多く使用されています。サイディングボードならば整備をせずにOKだというイメージをいだく人もたくさんいるようですが、モルタル外壁のように塗り替えは必要です。だいたい十年位で塗装を行っていけば、三十年位は使えますが、塗り替えをしないままでいると早期にひび割れなどといったトラブルで使えなくなってしまうこともあります。サイディングボードであっても表面は塗膜で守られているという事は変わらないのです。

夷隅郡大多喜町でも壁の塗装というのは見栄えを綺麗にするというようなねらいだけでなく、そもそもは家を耐水して守るのが役割りになります。壁の下地は塗装でおおうことによりまもられているのですが、時とともに傷んでいき、剥がれてしまったりしてしまいます。そうなってくると建造物を保全することがむずかしくなって、柱などの家屋の構造までいたんでいく場合もあります。壁が劣化してから外壁の塗り替えをするのでは後の祭りなので、そのような状況を防止するためにも早期の外壁の塗り替え作業は重要です。しっかり整備をやっていくことにより家の値打ちも高まります。