外壁の塗装をしてもらう時機は、家を建ててから、もしくは前回の壁の塗り替えからの期間でいうと、一般的に多可郡多可町でも十年くらいです。当然、場所などによって変わってきますが、標準ではその程度です。中には、建設の際に安い塗装材 を利用していたり、そもそも塗料そのものをつかってなかったりするケースもあり、そのような場合にははやく壁が劣化し始めるというような事もあります。壁の塗装というのはヒビなどを防止するといった効果を持ちますので、必ずやってください。

外壁につやがなくなってきたら外壁塗装の時機だと判断していいです。見た目が劣化しているのは塗装材の表面が酸性雨等の影響で樹脂層を破壊されてしまっているということになります。塗装が剥落してしまっているときも同様になります。もっと傷ついていくと外壁をさわったときに塗装がつくようになります。これらをチョーキング現象と言い、多可郡多可町でもこのようになったら外壁塗装のタイミングと判断できます。