外壁の塗装についての見積りをもらった際に確認する項目として重ね塗りが考えられます。京都市東山区でも基本的に重ね塗りは上塗り、中塗り、下塗りの三回行います。また、紫外線を受ける南西の方角など、傷みが酷い壁は四回行う事もある一方、太陽光が当たらないところについては2回になることもあります。重ね塗りを何回施すかで使用する塗料の分量も費用も異なってきますのできちっと確認しておきましょう。見積り書では、重ね塗りの回数を注視し、記載がない場合は訊ねるようにしましょう。適当な答えを返してくるところは、契約しないほうがよいです。

外壁におきる異常には、ヒビとかカビやコケなどがありがちです。ヒビというのは乾燥や建物のひずみ等が原因で生じますが、ほとんどのケースで修復できます。カビ汚れは湿気がある場所に発生しやすく、塗料の防カビ剤の効き目が低かったりした時に生じます。早急に対応すべき事態ではないのですが外見も悪いですし、その状態のままほったらかしていると劣化してしまいますので塗り替えを検討する事もありです。塗装が取れるといったことは京都市東山区でも多くないですが、大概の場合は施工上の過失になります。