見積りの時に確認しておく箇所としては下地調整を行うケレン作業が考えられます。元々の塗装材を落として外壁のコンディションを調整する工程で、これらの作業を省いてしまうと、新しい塗装材がしっかり効果を出せなかったり、早い年数ではがれたりすることもよくあります。上川郡剣淵町でも、下地調整を行うケレン作業は手間と時間が必要なので、中には、これらの施工をやらないで済ますところもあるので気をつける必要があります。作業日程がすごく早かったり、料金がすごく安価な際には、下地調整のケレン作業を施しているかを確認しておきましょう。書いていない場合は聞くようにしましょう。

建物の壁部分にはサイディングボードという人工の壁というのも上川郡剣淵町では頻繁に用いられます。サイディングボードというのは手入れが必要ないといった印象をもつ方もたくさんいるようですが、モルタルと同じく塗り替えは必須です。十年程度で塗装をしていけば、30年位は大丈夫ですが、塗り替えをしないでいると早めにヒビなどのような異常により利用できなくなってしまうこともあります。サイディングも表は塗膜により守られていることは同様なのです。