見積もりの際に確認するポイントとして下地調整のケレン作業があります。古い塗装材の塗膜を除いて外壁のコンディションの調整をする工程で、これらの工程を省いてしまうと、新たな塗装材がしっかり機能を果たせなかったり、早期に剥がれてしまったりすることもあります。みよし市でも、下地調整は手間がかかるため、中には、これらの施工をやらないで済ますところも存在するので気をつけましょう。施工日程がかなり短かったり、代金がかなり格安だったりする際には、この施工をするかを確認してください。書かれていない際には訊ねるようにして下さい。

外壁の塗装のビラに10年保障しますと書かれているところもみよし市では少なくないです。十年保障ならありがたいというような方も多いですが、知っておきたいのはそれらの意味です。多くの場合は保障が認められるのは壁部分のみで、外壁から塗料が剥がれ落ちたケースのみ保証の対象となります。しかし、壁から塗装材が剥がれ落ちる事はほとんどありませんし、壁よりも剥がれ落ちてしまいやすい鉄やトタンなどのところは10年間保証が認められず、せめても3年位というような保証の内容になっている場合が少なくありません。