壁の塗装の見積もり書を出してもらった際に見る項目として、重ね塗りの回数か挙げられます。蒲田でも基本的には重ね塗りというのは上塗りと中塗り、下塗りの3回施します。また、日射があたる南西など、いたみがひどい場所は4回作業する事もあり、傷みが少ないところは2回になる事もあります。重ね塗りの回数で用いる塗装材の量も料金も違ってきますのでしっかり確認しておきましょう。見積り書では、重ね塗りを何回行うかを見て、書いていない場合は質問をぶつけてみるようにして下さい。不明瞭な回答をしてくる業者は、別の会社にした方が良いです。

外壁の塗装の広告では10年間保証と書いてある業者も蒲田では多いです。十年保証なら大丈夫だというような人も少なくないですが、注意しておきたいのはそれらの意味になります。大多数のケースでは対象となるのは外壁の所だけで外壁から塗装が剥がれ落ちたケースだけ保障が認められます。そうは言っても、外壁から塗装材が落ちてしまうといった事はめったにありませんし、外壁にくらべてはがれ落ちやすい木部やトタン等というような所は10年保証が効かず、長くて3年くらいといった保障の内容であるケースが大部分のようです。