外壁塗装をしてもらうタイミングというのは、建物が完成してから、もしくは前の外壁の塗装からの年数でいうと、通常、大阪市生野区でも十年前後です。環境等で変化しますが、標準ではそんな感じになります。中には、建設の時に粗悪な塗装材 で済ませていたり、ハナから塗装材 そのものをつかってないこともあり、そうした場合には早々に外壁部分が老朽化するというようなことも多々あります。壁の塗り替えというのはひび割れなどを防止するというねらいを持ちますので、一定期間でやってください。

家の外壁の形態は、モルタルの壁とサイディング材というのが大阪市生野区でも通常で、ほかだとトタンや板などがあります。モルタル外壁はセメントと砂などを練ったモルタルを左官職人がつけて、さらに塗装して完成させるというもので、サイディングが出てくるまでは多数派でした。最近の主流はサイディングボードの壁になり、予め加工場などにてつくられたサイディングボードと呼ばれる壁材を貼っていく形で施工します。二つとも周期的な壁の塗装作業が大切であることでは同様になります。