塗り替えを施すときにきちんとやっておきたいのが壁色の決定です。さきに塗料の色サンプルを見ながら選んでいくのですが、塗ってみると思っていた色とちがうようになったというようなことが西多摩郡日の出町でも多くなっています。どうしても色見本の色の感じと外壁全面に塗られた色とでは印象は異なってくることも少なくないです。周辺の住居との釣り合いを考えてみることも必要です。基本的には、鮮明な色彩を選ぶと時とともに色の劣化が目立ちますので、落ち着いた色彩を選ぶとうまくいきます。

建物の外壁の分類は、モルタル外壁とサイディング材というのが西多摩郡日の出町でも普通で、他にはトタンや板ばりなどとなっています。モルタルの壁は、セメントや砂石などを練り混ぜて作ったモルタルを左官屋さんが壁に塗りつけて、塗装をして完成させる工法で、サイディング材が出てくるまでは日本家屋の多くをしめていました。このごろのほとんどはサイディングをつかった外壁となり、さきに工場などで作成されたサイディングという壁材を貼るように仕上げていきます。二タイプとも周期的な塗り替えは欠かせない点では同様になります。