壁の塗装を施すときに気をつけておきたいのが色の決め方になります。前もって塗装の色見本を見ながら選択する形になるのですが、塗装されると想像と異なった風に仕上がったという事が鳴門市でも少なくありません。小さいサンプルで見る色の雰囲気と外壁一面に塗られたものとでは雰囲気は異なってしまうことも多いです。まわりの建造物の色彩との釣り合いを思い浮かべてみる事も重要になります。基本的に、鮮烈な色彩を選択すると時間の経過とともに汚れが目立ってきますので、上品な色彩にすると無難です。

壁の表面にかびなどが発生すると見栄えが悪いだけにとどまらず、塗膜が老朽化していると思って大丈夫です。カビ汚れはジメジメしているところにつきやすく、カビを予防する効果が低い塗料によって塗られているときは早い年数で発生します。建物を建てる時には、費用を節約するために塗装材の質を落とすということも多数あり、その際には塗装材も傷みやすくなります。よりいたんでいくとクラックなどにもつながり、鳴門市でも修理にかかる費用が高額になりますので、すぐにも塗り替えをすることが重要です。