持ち家の外壁塗装をやってもらうタイミングは、建物ができてから、もしくは以前の外壁塗装からの年数でいうと、通常は馬来田でも十年くらいになります。無論、気候などでちがってきますが、目安としてそれくらいになります。ときには、建設の時に質が悪い塗装材 を使っていたり、ハナから塗料自体を使っていないようなこともあり、そういったときには早めに壁部分が老朽化するということもありがちです。塗り替えというものはヒビ割れ等を防ぐ意味もありますので定期的にやるようにしてください。

見積もりのときに見るポイントとしては下地処理を行うケレン作業か挙げられます。元々の塗装を取って外壁の環境の調整をするもので、これらの作業をやらないと、塗り替える塗装材がしっかりと効き目を出せなかったり、短い年数でとれてしまったりすることもあります。馬来田でも、ケレン作業は手間が発生するので、中には、この工程をやらない所もあるようなので注意しましょう。工事期間が非常に迅速だったり、料金がすごく格安な時は、この工程を行うかを確認しておきましょう。記載していない際には聞いてみるようにしてください。