外壁と同じく屋根の管理についても必須です。屋根というのは壁と比較しても風雨をうけるのでいたみやすい場所なのですが、めったなことでは見えない部分ですし、傷みに気づいている方も嘉穂郡桂川町では多くはないです。傷んでいくと建物の内部に水が染みこみかびなどが発生する事もありますため、一定期間でのメンテナンスが重要になります。サイクルは壁と同じくだいたい7,8年程度より10年くらいにて屋根の塗装を施すのが多いですが、日本瓦の場合は塗り替えをやる必要はありません。

外壁部分の外層にコケ等がでると見栄えが良くないだけにとどまらず、塗装が劣化してきていると判断してください。カビはジメジメしたところにつきやすく、カビを防ぐ効果が低い塗料によって塗られているケースでは早期に生じます。建築のときには、経費を抑えるため塗装材の品質を下げるケースも多く、それらのケースでは塗装材も傷つきやすくなります。もっと劣化が進むと破損などもおきて、嘉穂郡桂川町でも修繕の費用は大きくなりますので、早い年数で壁の塗装を施すことが重要です。