建物の外壁が汚れてきたら、外壁塗装の時期だと思われます。見かけが劣化してきているということは塗装材の表層が太陽光等の影響で顔料を壊されてしまっているということです。塗装が取れている時も同じになります。もっといたむと壁部分を接した時に塗装材が付着します。この現象を塗装の白亜化と呼び、室蘭市でもこうなったら壁の塗り替えのタイミングと思われます。

室蘭市でも壁の塗り替えには外観をキレイにしておく目的だけにとどまらず、本来は家屋を防水で守っていく事が役割りになります。壁の素地は塗膜にてカバーすることにより保全されているのですが、年月の経過とともに老朽化して、割れてきたりします。そんな風になると建築物を守っていくことがむずかしくなって、壁板などの家屋の中まで傷つくこともあります。壁の下地が老朽化してから壁の塗装を行うのでは手遅れですから、そのような状況をさけるためにも周期的な外壁の塗装が必須です。しっかりとケアをやっていくことによって住居の価値も高まります。