家の外壁には、サイディング材と呼ばれるボード状の外壁も丹波口では一般的に用います。サイディングボードは整備をせずにOKだといった印象を持つ人も多数いるようですが、モルタル外壁の場合と同じく外壁の塗装は大切です。約10年くらいで塗り替えを行っていけば、30年前後は使えますが、塗装をせずにいると早めの年数でひび割れなどといった異常で使用できなくなってしまうこともあります。サイディング材であっても表は塗装によって保全されていることに違いはありません。

建築物はできたときから老朽化が始まっているので、随時手入れをすることが丹波口でも重要です。とくに外壁部分はいつも日光にさらされて、時間をかけて劣化します。その状態のまま放置していると外壁部分が裂ける等、補修作業をすることになります。家の外壁部分が壊れてしまうのを防止するには定期的な壁の塗装が重要です。壁の塗装は見かけをきれいに保つことはもちろん、外壁を補強してひび割れ等から守るという効果ももち、結果として補修にかかる費用などを支払わなくてすみます。汚れていないので不要であるといった事ではなく、家屋を保全するために欠かせない整備になります。