外壁部分の表層にかび等が発生すると外見がよくないのみでなく、外壁がいたんでいると考えられます。コケは太陽光が当たらない部分に生じやすく、カビを防止する効力が弱い塗装をつかっているときは早い年数であらわれます。家を建てるときには、必要経費をカットするために塗料の質を下げるというようなことも少なくなく、そういった時には壁の劣化も早いです。より傷んでいくとヒビ割れ等にもつながり、千種でも補修の費用は大きくなりますから、すぐにも塗り替えをする事が大切です。

外壁と同じく屋根の手入れも必須です。屋根は壁と比較しても日差しを受けますので老朽化も早くなる部分なのですが、いつもは目に入らない部分ですし、痛みに気づいている方も千種では多くないです。傷むと、建物の中に水分が入ってきてかび等が生じてくる時もありますので、一定期間での整備が大切になります。年数はというと外壁と同じように約7,8年程度より十年程度を目安に屋根の塗り替えを行うのが多いですが、日本瓦の屋根は塗り替えは不要です。